動物行動学ゼミについて

ゼミは月曜16:00より理学研究科2号館315号室にて行われています。ご来聴歓迎致します。
また、電子メールでゼミスケジュールの配信もしております。
配信を希望される方はmacitoh[atmark]ethol.zool.kyoto-u.ac.jp まで。
[atmark]を@に変換してください。

ゼミ係: 伊藤杏奈 藤田諭 松田直樹

ゼミスケジュール

現段階で決まっている情報を可能な限り載せることになりました。
その結果発表タイトルがまだ確定していない情報も載っています。
また、諸事情によりタイトルや発表者変更の可能性もございます。
その場合はホームページ上や掲示などでお知らせします。ご了承ください。
 
7/3、7/24 はゼミ後に懇親会があります。
7/17は海の日につきお休みです。
前期のゼミは7/24が最終日です。後期は10月初旬開始の予定です。

  ●6月26日 小長谷 達郎「キタキチョウの夏型オスが秋に羽化する意義は何か?」 ●7月3日 鈴木 芳人(ゲスト)「ニクバエ蛹休眠の臨界日長における性差の進化」  ※ゼミ後、ゼミ室にて茶話会を予定しています ●7月10日 酒井 理「採餌経験がクローンヤモリの個性形成に与える影響」 ●7月17日 海の日につきお休み ●7月24日(前期最後のゼミとなります) Alexis Billings(ゲスト)「The ecology and evolution of avian alarm call signaling systems」 ※ゼミ後、学校近辺の居酒屋で懇親会を予定しています
日付 タイトル 名前 所属
6/26 キタキチョウの夏型オスが秋に羽化する意義は何か? 小長谷達郎 京大・動物行動
7/3 ニクバエ蛹休眠の臨界日長における性差の進化 鈴木 芳人
7/10 採餌経験がクローンヤモリの個性形成に与える影響 酒井 理 京大・動物行動
7/24 The ecology and evolution of avian alarm call signaling systems Alexis Billings

↑ ページの上部へ