大学院博士課程 Ph.D student

遠藤 淳 ENDO Jun:D5

【研究テーマ】カメムシ科の卵塊の孵化同期性

 個体間で行動のタイミングを一致させること(行動の同期)は、動物の社会的生活における重要な要素で、幅広い生物種に見られる。卵塊で産卵するカメムシ科昆虫(ミナミアオカメムシなど)では卵塊内の全卵が非常に短期間で孵化するが、この孵化同期性の適応的な意味合いはわかっていない。またカメムシ科の中には孵化の同期性がより弱い種類(ナガメなど)があるが、その理由も不明である。孵化の同期は孵化後の幼虫の集団生活の中で何らかの役割を持つと予想される。その理解に加え、カメムシ科の間で孵化の同期性に差を生じさせている要因を特定することを当面の目標としている。

 [Theme]Synchrony in the egg mass-hatching of pentatomid bugs (Heteroptera)

 Synchronization of behavior plays key roles in animal social lives and can be seen across diverse taxa. In egg mass-laying pentatomid bugs, such as Nezara viridula, it is known that all or most of the eggs constituting an egg mass hatch within a surprisingly short period. The adaptive significance of this hatching synchrony has not been elucidated yet, as well as the reasons why hatching of some pentatomid species, such as Eurydema rugosum, is less synchronous. My goals in near future are to understand the function of synchronous hatching in the context of gregarious life styles of hatchlings, and to identify a factor that cause the differences in the extent of hatching synchrony among Pentatomidae.

伊藤 真  ITOH Makoto: D4

【研究テーマ】ダルマガエルとトノサマガエルに見られる雌の鳴き声とその意味について

 カエルは一般的に、コオロギやセミなどと同様に、オスはメスに対する求愛のために鳴き声を発しますが、メスは鳴き声を発しません。鳴き声を出すための鳴嚢という器官もオスにしかありません。しかし、日本の田んぼに生息するトノサマガエルとダルマガエルという非常によく似た2種類のカエルにおいて、私はメスがオスに対して鳴き声を発していることを発見しました。しかも、どちらの種類のメスもトノサマガエルのオスに対しては鳴き声を発しる一方で、ダルマガエルのオスに対してはほとんど鳴き声を発しないということが分かりました。そして、現在、メスの鳴き声の機能を実験によって明らかにしようとしています。

 [Theme]The effects of female calls on male behaviour in frogs

 Generally, male frogs emit call to advertise for female, but female doesn't emit calls. Similarly, only male has vocal sac which is an organ to emit frog call. But, I found that female frogs of 2 species in Japan, Pelophylax nigromaculatus and Pelophylax porosa brevipodae, also emit call to male frogs. I also found that female frogs of both species emit call more than to male P. nigromaculatus than P. p. brevipodae. I am studying the effects of the female calls on male behaviour.

 好きなこと・趣味:hobby

バスケ・スキューバダイビング・釣り・マジック・漫画・アニメ・ゲーム(ポケモン)

 ひとこと:Comments

ホームページの管理人をやってます。更新がんばります。

 連絡先:Contact

mac_itoh【a】yahoo.co.jp

 個人WEBページ:web page

http://macitoh.wix.com/webpage

酒井 理  SAKAI Osamu:D3

【研究テーマ】クローン個体(オガサワラヤモリ)の個性差における後天的要因の影響

 動物の個性は先天的要因と後天的要因の複合によって形成される。またクローン集団とは遺伝的に同質な個体の集まりであり、先天的要因はみな等しいと考えられる。これらのことから、クローン動物の個性や個体差は後天的要因のみで生じていると推測されるが、そのことをしっかりと示している研究は少ない。
私の研究ではクローンのヤモリ(オガサワラヤモリ)を対象にして、個性形成の要因を区別しながら行動面から個体差にアプローチをしています。

 [Theme] Effects of acquired factor on personality differences within clonal individuals Lepidodactylus lugubris

 Animal personality is formed from congenital and acquired factors. Clone population is an aggregation of genetically identical individuals, and they may have the same congenital factors. Then we can infer that personality of clonal individuals are formed from only acquired factors, but there are few study revealing this inference clearly. In my study, I use clonal gecko (Lepidodactylus lugubris), and approach personality of clonal individuals with identifying these factors through behavioral perspective.

 好きなこと・趣味

スキューバダイビング、ギター、水泳、料理

 ひとこと

研究内容に関して興味のある方はジャンジャン連絡お待ちしてます。

 連絡先

osamu-lac【a】ethol.zool.kyoto-u.ac.jp

小長谷 達郎 KONAGAYA Tatsurou:D3

年多化性の昆虫類には季節多型を示す種が多く知られてきました。季節多型を示す昆虫は、日長や温度から季節を感知し、季節に応じて異なる表現型(季節型)を出現させます。 季節型は生理機構や形態だけでなく寿命などの生活史も異なります。季節多型は昆虫類の温帯域での繁栄を可能にした形質として重要であるにも関わらず、その起源や進化の過程はよくわかっていません。 現在は、本州以南に広く分布するキタキチョウの越冬と繁殖を研究することで、季節多型の進化における性選択の役割について考えています。

Seasonal polyphenism have been often reported in multivoltine insects. Environmental factors such as temperature and photoperiod induce seasonal forms corresponded. Each seasonal form concerns different morphology, physiology and life history. The origin and evolutionary process of seasonal polyphenism are still unclear despite of its importance on adaptation of insects in the temperate zoon. Especially, I have interest in the role of sexual selection in evolution of seasonal polyphenism, and approach this problem from the reproductive biology of the common grass yellow, Eurema mandarina.

 好きなこと

釣り、映画、旅行(船と鉄道)

 ひとこと

お気軽に連絡ください。

 連絡先

konagaya 【a】 ethol.zool.kyoto-u.ac.jp

董 笠 DONG Li:D1

松田 直樹 MATSUDA Naoki:M1

【研究テーマ】アブラムシにおいて世代を越えて光周性反応を抑制するインターバルタイマー

アブラムシは春から夏にかけて胎生単為生殖によって繁殖し、秋になると両性生殖世代が現れて休眠卵を産みます。 両性生殖世代は短日によって誘導されます。これは動物において最初に報告された光周性の事例でもあります。 一方で、春先に孵化した個体から数世代にわたって一定期間経過しないと、短日条件下で飼育しても両性生殖世代が出現しないことが知られています。 なぜ世代よりも長い時間を刻むことができるのでしょうか。私はこの現象の背景にある「インターバルタイマー」について研究しています。

 [Theme]An interval timer for intergenerational inhibition of photoperiodism in aphids

During spring and summer, aphids reproduce by viviparous parthenogenesis, whereas in autumn sexual morphs appear and lay diapause eggs. Sexual morphs are induced by short day, and this is the first example of photoperiodism reported in animals. On the other hand, sexual morphs do not appear over several generations from the fundatrices emerging from the eggs in spring, even reared under short-day conditions. How can they measure the time longer one generation? I am studying an ‘interval timer’ underlying this phenomenon.

YANG Chun-Kai : D1

↑ ページの上部へ