2008年度ゼミ発表一覧

Go Home


日付
タイトル
発表者
所属(発表当時)

2008/04/21

チョウの雄にとって交尾はどれくらい負担か?

竹内 剛
広島大,生物圏科学,化学生態

2008/05/12
マダガスカル調査のこれまでとアンピジュルア熱帯乾燥林におけるヘビ類群集の多様性

森 哲

動物行動
2008/05/19
Ecology and biology of ectoparasites among lemurs in the dry deciduous forest of Madagascar: Ankarafantsika and Kirindy
Ravoahangimalala R. O.
Antananarivo University

The conservation situation of the small mammal tenrecs in Madagascar: a quick look to some behavioral aspects

Rakotondraparany F.
Antananarivo University

2008/06/02
タガメのパターナルケアと卵塊破壊行動
門司 麻衣子
動物行動

Gekko属ヤモリ2種における種内及び種間コミュニケーション
城野 哲平
動物行動
2008/06/09

コバネイナゴの自切のコスト−性差と補償行動

本間 淳

動物行動
2008/06/16
小さな雄と大きな雌の給餌戦略:猛禽類の逆転した性的サイズ二型進化の仮説は,クマタカに当てはまるか

金田 大

動物行動
2008/06/23
リュウキュウクロコガネのオスの配偶定位システムとメスの集合形成---錯覚するオス、サボるメス?

深谷 緑
京大,農,生態情報開発学分野
2008/06/30
タガメの生態学的研究:生活史,形態,そして採餌行動の解析

大庭 伸也
岡山大,環境,進化生態
アマミヤマシギと月明かりと交通事故−希少種保全に対する行動学の貢献−

水田 拓
環境省,奄美野生生物保護センター
2008/07/07
Eavesdropping on Mobbing Calls of Birds by Non-vocal Malagasy Spine Tailed Iguana Oplurus cuvieri cuvieri(イグアナによる鳥類警戒声の盗聴)
伊藤 亮
動物行動
2008/07/14
The origins and evolution of play in animals
Burghardt, G. M.
Departments of Psychology and Ecology & Evolutionary biology, University of Tennessee
2008/07/28
Population differences in the horned beetle, Trypoxylus dichotomus
King, A.
Department of Biological Sciences, University of Montana
2008/10/06
マダガスカル産ネコヅメヤモリの生活史
池内 敢
動物行動
2008/10/20
ヒメハブにおける採餌の特殊化〜個体レベルでの解析〜
角田 羊平
動物行動
2008/11/10
色彩二型を示すシマヘビにおける這行速度の温度感受性
田中 幸治
動物行動
2008/11/17
警告色の多様性の進化:アカハライモリの2つの警告的形質にみられる並行的な地理的モザイク,緯度勾配をみせる警告色の鮮やかさと多様性
持田 浩治
動物行動
2008/12/01
ノコギリクワガタとミヤマクワガタ,どっちが強い?
本郷 儀人
動物行動
2008/12/08
リュウキュウカジカガエルの産卵行動(個体群間の局所適応の可能性)
原村 隆司
動物行動
2008/12/15
同所的オオオサムシ亜属種間における体サイズ差の生態的意義:資源分割か?生殖隔離か?
奥崎 穣
京大,理,動物生態
2008/12/22
くもの植木屋さん〜造園業か,左官業か〜
有岡 義也
動物行動
2009/01/26
 スズメによるガの捕食−雌雄での捕食圧の違いについて−
櫻井 麗賀
動物行動
オオヨシキリの餌資源分配に関する予備調査とその研究計画について
茂木 康寛
動物行動
2009/02/02
修論発表:交雑する近縁ヤモリ2種における社会行動の比較
城野 哲平
動物行動
2009/02/09
卒論発表:暗黒ショウジョウバエの求愛行動
岡本 光平
動物行動
ベニハゼの社会と双方向性転換
澤田 紘太
動物行動
2009/02/16
少ない資源を巡るツマキチョウの干渉型競争
稲森 啓太
動物行動
2009/03/02
擬態チョウはどう飛ぶ?
来田村 輔
動物行動
2009/03/09
フィールドワーカーが行うDNA解析:フィールドと実験室とをつなぐ懸け橋
井上 英治
京大,理,人類進化

2008年度ゼミ係 茂木・城野


Go Home