2016

日付 タイトル 名前 所属
4/18 トノサマガエル属におけるメスの鳴き声の機能の解明
(今年度計画発表)
伊藤真 京大・動物行動
キタキチョウの成虫越冬に関連した精子競争(今年度計画発表) 小長谷達郎 京大・動物行動
4/25 沖縄島におけるアカマタによるウミガメ卵の採餌行動について(今年度計画発表) 松本和将 京大・動物行動
5/9 キイロショウジョウバエ羽化リズムにおける主従2振動体 伊藤千紘 京大・動物行動
5/16 ニホンアマガエルにおける体色変化の発達(今年度計画発表) 伊藤杏奈 京大・動物行動
1.オオサンショウウオにおける在来種と交雑種の行動比較
2.二ホンマムシの食性について(今年度計画発表)
浜中京介 京大・動物行動
5/23 チャコウラナメクジの低温耐性(今年度計画発表) 永井智理 京大・動物行動
生活史を通したヨメガカサの活動パターンの観察
(今年度計画発表)
奥村洋介 京大・動物行動
5/30 マダラスズにおける自然条件下での活動リズム 藤田 諭 京大・動物行動
6/6 マングローブスズが持つ概潮汐リズムの同調因子の特定 左倉和喜 京大・動物行動
ホソヘリカメムシの光周性の分子機構 董 笠 京大・動物行動
6/13 アブラムシの光周性を制御する季節タイマーの生理学的性質 松田直樹 京大・動物行動
採餌量がクローンヤモリの個性形成に与える影響の解明 酒井 理 京大・動物行動
6/20 トカゲはヘビの動く音を聞き分けられるか 黒光康仁 京大・動物行動
Period遺伝子ノックアウト蚕の作成と非休眠系統での
概日リズム有無
池田健人 京大・動物行動
6/27 マダガスカルにおけるアリとヘビの共生 児島庸介 京大・動物行動
7/4 クサギカメムシの一斉孵化
〜胚は何を手がかりに隣接する卵の孵化を知るか〜
遠藤淳 京大・動物行動
7/11 コオロギ上科2種における体サイズの地理的変異 藤田諭・
松田直樹
京大・動物行動
10/3 トノサマガエルにおけるメスの鳴き声による繁殖回避 伊藤真 京大・動物行動
10/17 ニホントカゲによる同種他個体と捕食者の移動音の聞き分け 黒光康仁 京大・動物行動
10/24 クマゼミは枯れ枝に産卵する 沼田英治 京大・動物行動
10/31 アブラムシの光周性を制御する季節タイマーに対する
日長の影響
松田直樹 京大・動物行動
11/7 鳥類の音声コミュニケーションから解き明かす
言語能力の適応進化
鈴木俊貴 京大・生態研センター
11/14 ウミガメ採餌におけるアカマタの個体間相互作用について 松本和将 京大・動物行動
11/28 クサギカメムシの胚は卵殻の割れる衝撃で
となりの卵の孵化を知る
遠藤淳 京大・動物行動
12/5 マングローブスズが持つ概潮汐リズムの同調因子の特定 左倉和喜 京大・動物行動
12/12 クローンヤモリの個性に対応したマイクロハビタット 酒井理 京大・動物行動
12/19 魚類における社会的認知能力 堀田崇 大阪市立大学
12/26 生態学研究室との合同ゼミ
ウミガメ採餌におけるアカマタの個体間相互作用について 松本和将 京大・動物行動
生理・行動特性から探る広塩性ハゼ科魚類のハビタット利用規定要因 大戸夢木 京大・動物生態
カメムシの卵塊の同期孵化に見られる種間差について 遠藤 淳 京大・動物行動
トランスクリプトーム解析による周期ゼミの進化史の解明と周期の遺伝基盤の探索 藤澤知親 京大・動物生態
1/16 キタキチョウの季節型混棲現象に関わる究極要因の探索 小長谷 達郎 京大・動物行動
1/23 ニホンアマガエルの体色変化の発達〜色の経験が及ぼす影響〜 伊藤 杏奈 京大・動物行動
1/30 マダラスズの自然条件下における歩行活動リズム 藤田 諭 京大・動物行動
2/6 修士論文公聴会
エンドウヒゲナガアブラムシの世代を超えた季節タイマーに及ぼす環境要因の効果 松田 直樹 京大・動物行動
ニホントカゲによる同種と捕食者の移動音の聞き分け 黒光 康仁 京大・動物行動
2/13 学部生 卒業研究発表会
国内外におけるマダラコウラナメクジの移入と分布 永井 智理 京大・動物行動
コモレビコガモガイの巻貝の殻上での動きについて 奥村 洋介
2/13 1.オオサンショウウオにおける在来種、外来種、および交雑種の攻撃性比較
2.二ホンマムシの食性について
浜中 京介 京大・動物行動
2/20 period遺伝子ノックアウト蚕作成の途中報告とpnd w-1系統の羽化リズム 池田 健人 京大・動物行動
2/27 ミミズかホタルか?中国産ヤマカガシ類の頸腺毒の由来を追う 森 哲 京大・動物行動
3/6 アミメアリにおける内役個体と外役個体の歩行活動リズム 村松伸樹 京大・環境応答

↑ ページの上部へ