2013

日付 タイトル 名前 所属
04/22 コウイカ類の様々な行動文脈における 体色変化能力の利用(博士論文計画) 岡本 光平 動物行動
04/22 餌由来の防御毒の世代間受け渡しに関するヤマカガシの
生態学的・行動学的研究(博士論文計画)
児島 庸介 動物行動
05/13 ナゴヤダルマガエルにおける繁殖干渉回避行動の検証(今年度計画発表) 伊藤 真 動物行動
05/13 同所的に分布する複数種のセミの鳴く時間の定量的分析(今年度計画発表) 村井 幸輝郎 動物行動
05/20 環境要因がニホンヤモリの季節性繁殖に及ぼす影響(今年度計画発表) 葉田 敬子 動物行動
05/20 オガサワラヤモリのクローン個体群の差と行動の関係(今年度計画発表) 酒井 理 動物行動
05/27 カメムシによる卵塊の一斉孵化と孵化リズムの研究(今年度計画発表) 遠藤 淳 京大・動物行動
トビイロケアリ女王に見られる歩行活動リズムについて(今年度計画発表) 長谷川 聡 京大・動物行動
06/03 ニホントカゲの対捕食者戦略としての尾振り行動(今年度計画発表) 横山 拓也 京大・動物行動
ヤマカガシにおける頚腺を用いた対捕食者行動の効果(今年度計画発表) 松尾 智葉 京大・動物行動
06/10 マダラスズにおける時計遺伝子抑制個体の鳴き声の変化(卒論計画発表) 藤田 諭 京大・動物行動
イチモンジカメムシ卵寄生蜂の交尾および産卵行動(卒論計画発表) 轟 雄右 京大・動物行動
ヒメマルカツオブシムシの産卵習性と走光性について(卒論計画発表) 岡田 恵梨子 京大・動物行動
06/17 An Ecologist in Two Worlds: Neotropical Frogs and Natural History Writing Martha Crump Utah State Universit
06/24 オオクロコガネの概倍日リズムの解析 河崎 裕太 大阪市立大・情報生物
07/01 オカダンゴムシの光周性と生活史 沼田英治 京大・動物行動
07/08 ニホンヤモリの野外生態と個体群変動 城野 哲平 京大・動物行動
07/22 タカチホヘビの生態:季節活動と出現に影響する要因 山崎 陽平 帝京科学大
10/07 トノサマガエルとナゴヤダルマガエルの雌における繁殖期の鳴き声使用 伊藤 真 京大・動物行動
10/21 ヤマカガシは食べたヒキガエル量に合わせて防御行動を変えるか? 森 哲 京大・動物行動
10/28 The Importance of Free Water: Whe n You Eat You Drink Harvey B. Lillywhite University of Florida 教授
11/11 ニホントカゲの尾振り行動 横山 拓也 京大・動物行動
11/11 同所的に分布する複数種のセミの鳴く時間 村井 幸輝郎 京大・動物行動
11/18 不動を用いたカエルの時間稼ぎ戦略 西海 望 京大・動物行動
11/25 ヤマカガシの採餌行動に関する研究 児島 庸介 京大・動物行動
12/2 トビイロケアリ女王のコロニー創設における歩行活動リズム 長谷川 聡 京大・動物行動
12/9 環境要因がニホンヤモリの季節性繁殖に与える影響について 葉田 敬子 京大・動物行動
12/16 クローン集団における 個体の行動形質バリエーション
〜適応的な観点を見据えながら〜
酒井 理 京大・動物行動
2/3 修士論文公聴会
トノサマガエルとナゴヤダルマガエルの雌における
繁殖期の行動について
伊藤 真
クマゼミとアブラゼミの鳴く時間帯の分析 村井 幸輝郎
ニホントカゲPlestiodon japonicusの
尾振り行動のパターン分析
横山 拓也
2/10 卒業論文発表会
イチモンジカメムシ卵寄生蜂の配偶行動
〜同性に対する性行動に着目して〜
轟 雄右
2/17 カメムシ科の卵塊の孵化同期性 遠藤 淳 京大・動物行動
2/24 門司 麻衣子 京大・動物行動
3/3 松尾 智葉 京大・動物行動
3/10 岡本 光平 京大・動物行動

↑ ページの上部へ

過去記録